Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 住まいに必要な10項目 > 快適性を担保するために(加湿の重要性)

快適性を担保するために(加湿の重要性)

高断熱・高気密住宅にするとどうしても相対湿度が下がる傾向にあります。
エアコンを使うと乾燥するので加湿をすることが重要になってきます。
冬場に人が快適に感じるのは簡単に言ってしまうと室温20℃、湿度50%が
理想です。
そんなときに活躍するのが下記の加湿器です。
ちいさな加湿器ではなかなか部屋全体を加湿するのはむずかしいので
こちらの気化式の加湿器がとても良いです。

結構大きいので場所とるんですが、威力は抜群です。

作動前
作動後

一気に15%上がりました。

~42畳までいけるみたいなので
部屋が乾燥してて風邪やお肌の
気になる方にはもってこいかも。
冬はエアコンで温度を上げると
どうしても湿度下がるので
加湿器で強制的に上げるしかありません。
湿度が上がると風邪やインフルエンザに即効性があります。
1日使い続けるとタンクの水を毎日入れ替える手間は必要ですが
とっても快適になるので北名古屋市で住まいをご検討される方には弊社では導入されることをお勧めしています。
パナソニック
FE-KXF15-W
ナノイー付き