北名古屋市でヒノキ、スギ、漆喰で木の家が得意な鈴木建築

BLOG カフェのような家ブログ

SUZUKI KENCHIKU

0568-23-8766

お問い合わせ

ブログ

BLOGカフェのような家ブログ

2018/01/09 カテゴリー:カテゴリ1

洗濯の仕方を考える

洗面所・バスルーム

先日テレビを見ていたら、コインランドリーが
めちゃくちゃ建っていると言っていました。
それは収益性があるかららしいのですが、
主に使われているのはガス乾燥機のついているものみたいです。

 

コインランドリーの店内

 

主婦の方にとって洗濯は毎日の家事の中で頻度が高い
家事に当たると思います。
その洗濯の有り方が現在問われていると感じます。

従来、住まいにおいては洗濯機が脱衣所にあって
洗濯した衣類を洗濯かごに入れ、それをバルコニーへ
持っていき、干すという流れでした。

しかし、最近の傾向として、バルコニーに洗濯物を干したくない
人が多くなっていると聞きます。原因としては

1.花粉症の季節には外に干したくない
2.西日本に住んでみえる人はPM2.5のような粉塵を避けるために
外に干したくない
3.バルコニーに干したものを取り込むのが面倒くさい
4.女性ものの下着等はそもそもバルコニーに干したくない

などなど色々な要因が考えられますが、バルコニーに干さなくなってきている
人が増えてきているように感じます。

実際弊社のお客様でもバルコニーを設けない方の割合は増えています。
私の家も特に冬場は室内が乾燥するために、わざわざ室内干しして
室内の乾燥を防ぐようにしています。

 

洗濯干し

ここではまず面倒くさい家事のベスト3には入る洗濯をどうしたら
効率よくできるかを考えてみたいと思います。

 

疲れた表情の主婦

 

そもそも洗濯の手順として以下の項目が上げられます。

1.脱いだ衣類を洗濯かご、もしくは洗濯機の中に入れる
2.衣類を仕分けし、液体もしくは粉洗剤、ジェルボール等を洗濯機に入れる
3.洗濯機で洗う、すすぐ、脱水する
4.取り出して、ハンガーにかける。
バスタオル等は物干しざおに掛ける。
5.飛んでいかないように洗濯ばさみで留める
6.乾いたら、洗濯物を取り込む
7.衣類をたたむ
8.衣装ケースやたんすにしまう

細かく分類するととても工程の多い作業だということが分かります。

この工程を手を抜かずにもっと効率よくして、家事の負担軽減が
できないか考えてみました。

1~3は必ずやらないといけない作業ですね。

4~6は家庭用のガス乾燥機(乾太くん)を使用すれば
一気に工程を省くことはできます。

ldyer_lineup_RDT-52S

もしくは家庭用ガス乾燥機のない方は
室内干しの場所を洗濯機の近くに設けることで
時間、動く距離を節約できます。

そして乾いたら、ハンガーに掛けた上着類は
ハンガーに掛けたまま、クローゼットにしまうと
7と8の工程は省けます。

このクローゼット(通称:ファミリークローゼット)
を洗濯機や室内干しの近くにあると尚便利ですね。

 

ここで注意したいのが、季節によって室内干しする場合の
室内環境を考える必要があります。

現在のような冬は空気が乾燥するため、室内の乾燥を
防ぐために室内に干すのは湿度が上がってプラス側に
働きますが、夏場は室内干しをすると湿度が高いところに
更に湿度を上げてしまうので、注意が必要です。

612tY70ihPL._SL1201_

(温湿度計があると便利ですね)

その場合は、室内を冷房をかけた状態が必須だと思います。
冷房をかけるとある程度除湿してくれるからです。
さらにジメジメする場合は、除湿モードで運転するかです。
(ただし、通常の冷房運転よりは、光熱費は高くなります)

 

部屋干し

 

6月~7月の梅雨どきは除湿モードだと温度が下がりすぎて
寒く感じてしまう場合があるので注意は必要です。

こうした室内干しをする場合、必ずと言ってもいいほど、
エアコンの上手な使い方が必要になってくると思います。

 

ここまでは洗濯の有り方を考えてきましたが、特に子育て世代のご家族や
共働きご夫婦家族、効率的な家事を目指したい主婦の方にとっては
室内干し前提もありかもしれませんね。とにかく洗濯は時間を取れらる家事
ナンバー1の方も多いと思います…その時間を短縮することは
奥様の余裕が生まれますし、夫婦や子供との会話も増えるのではないかと
思うのです。

Fotolia_140786236_XS

 

ちょっと番外編ですが、
ではバルコニーを無くしたら、布団干しはどうするのと言われるので
お話しさせていただきます。

そもそもバルコニーの用途もあるので一概には言えませんが、
バルコニーの良さもあります。夏なら、シーツ等ならサッと乾いてしまうから
乾燥機を使わずにバルコニーの方がいいよとか、2Fリビングだからバルコニーは
あったほうがいいとか、庭代わりにしたいとかそもそもの用途は考える
必要はあります。

 

布団干し

 

しかし布団をバルコニーに干してもダニ等はほとんど死にません。
結構ダニさんたちは頭がいいようで、天日で干してもダニは布団の
裏側に回ったりしてほとんど死なないみたいです。テレビでやっていました。
でもふかふかにならないよね?と言われそうですが、布団乾燥機の
方がふかふかになりますし、寝る前にやると温まってとっても気持ちが
良いんです。布団乾燥機を使用して、ダニが死滅する温度でやってから
布団掃除機で死骸を吸った方がハウスダスト等のアレルギーになりにくいです。

最終的には好みになる部分もありますね。

実際、私自身の家も布団乾燥機に替えて、布団掃除機で布団の埃を
吸うようにしてから私のくしゃみは止まりました。小さいころから
ハウスダストによるアレルギー持ちでありましたが、今は一切なくなりました。

こうした理由からも、注文住宅を建てるときに、本当にバルコニーは
必要かということは考える必要があります。

バルコニーの分をファミリークロゼットにするというのも
有りなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

投稿者:

SUZUKI KENCHIKU

これまでも、これからもこの地元でお客様のことを一番に考えた家づくりを。

〒481-0002
愛知県北名古屋市片場大石37
TEL:0568-23-8766
FAX:0568-23-8764

株式会社鈴木建築

お問い合わせ

PAGE TOP