北名古屋市でヒノキ、スギ、漆喰で木の家が得意な鈴木建築

BLOG 鈴木建築が提案する、
住まいにもっとも必要な10項目

SUZUKI KENCHIKU

0568-23-8766

お問い合わせ

ブログ

BLOG鈴木建築が提案する、住まいにもっとも必要な10項目

高断熱と気密性能はセット!?

高断熱の住まいを建てると特に気密性も…
重要になります。
気密性能を表す指標にC値という数値があります。隙間が延べ床面積当たり何㎝2あるか
という数値で小さいほどよいのですが、
2以下は最低必要で1以下が望ましいと
言われています。
C値を2以下にしないと、通常第3種換気システム(自然給気、機械排気)の
システムが上手く稼働しないということも解っています。
今回雨楽な家という真壁、構造現しなので
非常に気密を取りにくいという側面がありますが、
0.96という数値になりました。
隙間相当面積αA190㎝2÷
建物外皮の実質延べ床面積197.84m2=0.96=C値
o0480064113792369052

 

気密指標としてC値が1以下は
最低限確保しながら、断熱指標である
外皮平均熱貫流率UA値をひとつの指標と
していくことが重要です。
UA値に関してはコストと密接に
関わってくるのでコストバランスが必要です。
HEAT20のG2レベルでは愛知県名古屋市周辺では
UA値0.46が必要です。
寒冷地などではUa値が0.28までいかないとG2レベルに
ならないのでこうした地域では外断熱を付加する必要が
ありますが、ここ名古屋地域ではUa値は0.46でG2レベルに
なってきます。このG2レベルは十分内断熱方式でとれる
数値なのでそれ以上の外断熱を付加するまでもないというのは
設計する上での勘所になります。先にも申しました通り、
コストと相談しなければいけない所であります。
HEAT20のG2~G1レベルの
断熱性能を確保すると
リビングでエアコン使用時に
部屋の扉を開けっぱなしにした時
部屋毎の温度差が1〜2℃に収まるので、
家全体でエアコンが1〜2台で収まります。
o0480064113792369060
HEAT20という断熱指標が
あります。G2レベルを確保することが望ましいのですが、
またこの中ではC値のことについても記述していますが、
C値1以下であれば暖房負荷はほとんど変わらないというデータも記載されています。G2レベル以上のものを建てても実質体感的には室内温度環境的は変わらないということも段々と分かってきました。
ただし、G2レベル以上の建物は光熱費を更に削減できるという利点はありますが、
なかなかこれ以上の建物を建てるにはイニシャルコストがかかることなので
よくよく検討が必要です。
こうしたこともHEAT20の指標をなぞっていく中で分かってきた見解であります。
なので、なんでもかんでもUa値を低くして、C値も下げまくればいいという競争激化はコストの側面からみると必ずしもいいとは限らないということは周知の事実になりつつあります。
話は飛びましたが住まいの環境が良くなり、住みやすくなり
風邪を引きにくくなったり、
アレルギー症状つまりは、
喘息やアトピー性皮膚炎を発症しにくく
なったり、手足の冷えの改善、
ヒートショックによるお風呂での溺死を
防いだりと健康に暮らすためのひとつの
建物の性能基準が地域ごとにできた
HEAT20基準の登場はもの凄く意味の
あるものだと思います。
暑い寒いの生理的欲求は住まいづくりに
おいて重要な分野ですが、
ともすると後回しになってしまう
分野であります。
でもこの分野は生理的欲求に
関わってくる部分なので
人間が持つ欲求の中でも
高い方なんですね。
でも、デザインの方にお金をかけたり、
別の分野に負けてしまいがちなんです。
家づくりは予算が無限にある訳ではないのですが、
この外皮の分野には予算を少しでも回して欲しいと思います。
これだけは言いたいのですが、
太陽光などの設備機器にお金を
かけるよりはまず建物の外皮つまり
断熱材やサッシなどの性能にこだわるべきで
後に余裕が出来たら、太陽光を載せる
くらいにすることがいいのではないかと
思います。ZEHの補助金が下りる基準も
外皮の性能を極力上げて太陽光をちょびっと
載せて一次エネルギーを実質ゼロにする
動きになっています。
外皮の部分は後からはなかなか
できませんから、、、
一般的に見ると少し過剰すぎるかもしれませんが、
10年後を見据えて家を建てるなら
これらのことはお客様にとっては健康を担保する意味で先行投資に
なると思いますし、光熱費を抑えるという意味でも費用対効果はめちゃくちゃ高いものになりますので高い光熱費で知らず知らずのうちに貧乏になるという負のスパイラルを断ち切れることにもなると思います。

SUZUKI KENCHIKU

これまでも、これからもこの地元でお客様のことを一番に考えた家づくりを。

〒481-0002
愛知県北名古屋市片場大石37
TEL:0568-23-8766
FAX:0568-23-8764

株式会社鈴木建築

お問い合わせ

PAGE TOP