北名古屋市でヒノキ、スギ、漆喰で木の家が得意な鈴木建築

BLOG 鈴木建築が提案する、
住まいにもっとも必要な10項目

SUZUKI KENCHIKU

0568-23-8766

お問い合わせ

ブログ

BLOG鈴木建築が提案する、住まいにもっとも必要な10項目

木造でも構造計算は必要か!?

この前の熊本地震では、
現地を視察された建築構造専門の先生に
よると、この先生には弊社の建物全般
構造計算をお願いしているのですが、
熊本の益城町を
グーグルマップで見てみても本当に
驚きなのですが、、、
2017-02-07 (1)
当たり前ですが、
屋根が重く、窓ばかりで耐えうる壁が
少ない家がまず倒れていて、
新しい家でも倒れている家は
耐力壁がバランス良く配置されていない
家でこうした家は
大きな揺れが何回も起きることで
崩れてしまっているということでした。
2017-02-07 (2)
構造の権威であるその先生は瓦だからって
崩れることはない。瓦だから駄目だと
間違った情報がネット上に出ているから
気を付けてくださいね〜と仕切りに
仰っていましたので誤解がないように敢えて
申し上げておきます。
最近の瓦の家は土を使わない、乾式工法です。
では何がいけないのか、
そうですね、察しの良い方ならわかるはず、
一言で言うと「ぐあんぐあんと揺らさない」
です。
地震が来たら揺れることは揺れます。
揺れの具合なんです。
どういうことかというと、
振幅の大きい揺れを起こさない。
つまり、揺れ幅の大きい揺れを
起こさないということです。
これはどんな構造の建物も同じです。
鉄骨でもRCでも、木造でもです。
熊本地震では震度7級の地震が立て続けに
2回来ました。これは現行の建築基準法では
想定していなかったのですが、
揺れ幅が大きい揺れに1回は耐えることが
できた家は割と多かったのですが、
2回目を想定していなかった為に、
2回目の大きな揺れで柱と梁の仕口部分や
筋交い金物部分が破断してしまった為に
倒壊しているということです。
ではどうしたら震度7級の地震に
何回も耐えうる建物を作ることが
出来るかそれは…
 2017-02-07 (4)
揺れ幅を少なくしてとにかく揺らさない
ことです。この揺らさないとは
ガチガチに堅くすること、
筋交いをバランスよく適切な方向に
入れたり、外壁面に構造用の板を
張ることです。もっと言うとイメージでは
1階、2階部分が一体的に
ビンビン揺れるというか振れるイメージです。
1階と2階部分が、違う揺れ方をして
しまうと壊れやすくなります。
例えばこんなケース…
1階部分は大きなLDKで
特に南面が大開口の窓ばかりで
ホントに壁がない間取りで
この場合、2階は個室で仕切られているケースが
多いのでバランスが悪くなります。
つまり1階がふにゃふにゃ
2階がガチガチの場合です。
こういう建物は1階と2階の揺れ幅が
違うので1階と2階の継手部分で
崩れ易くなります。
よく見る1階が崩れて2階は崩れていない
建物がそれに当たります。
そういう意味でもバランスよく耐力壁を
配置することはとても重要なのです。
あり得ないことですが、現地調査でも筋交いが同じ方向に入っていたり、
金物が適切な位置に配置されていなかったりはあったようです。
2017-02-07 (6)
長くなりましたが、結論木造住宅でも
構造計算はしておいた方がいいと思います。
2017-02-07 (7)
住宅をリフォームするときどうしても耐震性は優先順位が低くなりがちですが、
優先順位を上げることも考慮してリフォームすることをお勧めします。

SUZUKI KENCHIKU

これまでも、これからもこの地元でお客様のことを一番に考えた家づくりを。

〒481-0002
愛知県北名古屋市片場大石37
TEL:0568-23-8766
FAX:0568-23-8764

株式会社鈴木建築

お問い合わせ

PAGE TOP