北名古屋市でヒノキ、スギ、漆喰で木の家が得意な鈴木建築

BLOG カフェのような家ブログ

SUZUKI KENCHIKU

0568-23-8766

お問い合わせ

ブログ

BLOGカフェのような家ブログ

2018/09/25 カテゴリー:カテゴリ1

【嫌々】めんどくさい温湿度調節をしよう!

IMG_7727

こんばんは。

今回はですね~。
you tube風に始まりました。
最近you tube ばっかみてますね。

 

 

みなさんはどんなSNSを
ご覧になっていますか?

今回のブログネタは
自分の家に住んでいて
ふと気づいたことを綴ります。

 

 

温度について話したいと思います。
最近めっきり涼しくなりましたね。

 

 

 

こんなときは窓を開けて
室内に空気を取り込んだ方が
いいですね。

 

 

 

 

高気密高断熱の住まいでは
エアコンを使用している
夏場と冬場は窓を
開けない方が良いです。

 

 

 

 

しかし、秋や春のような外の方が
快適温度の場合は窓を
開けた方がいいです。

1年のうちほんの数日だったりですが…

 

 

 

この外の方が快適なのって
気にしている人はほとんどいないと
思います。

 

 

 

 

それを気づかせてくれるのが
温湿度計です。

 

 

 

 

 

室内の温湿度に加えて
外部の温湿度も室内の
温度計に表示されるので
外気の温湿度がどれくらいかを
感覚として見分けることができます。

 

 

 

 

こちらの写真は6月6日の
内部の温湿度(上)と
外部の温湿度(下)が
表示された温湿度計です。

 

 

 

内部でも湿度は結構高いですが、
外部の湿度はもっと高く、
89%もありますね。

 

 

 

 

 

こんなときは窓を開けては駄目です。
なぜなら、湿度の高い空気が
室内に入ってきてしまい、
じめじめした空気が室内に
充満し、不快に感じるので
開けちゃダメなんです!!!

 

 

 

 

このように外の気温と
湿度を温湿度計で測りながら、
今は窓を開けた方が
快適だなという具合に、、、、

室内の温湿度を調節してもらうと
室内の環境を快適に保つことが
できるのでぜひやってみてください。

 

 

 

 

特に今の時期は外の方が
快適な温湿度だったりするので
外部と内部の温湿度が測れる
温湿度計で見極めてみて
下さい。

 

 

 

 

612tY70ihPL._SL1201_

 

 

とってもメンドクサイことだと
思いますが、
ぜひやってもらいたいです。

投稿者:

SUZUKI KENCHIKU

これまでも、これからもこの地元でお客様のことを一番に考えた家づくりを。

〒481-0002
愛知県北名古屋市片場大石37
TEL:0568-23-8766
FAX:0568-23-8764

株式会社鈴木建築

お問い合わせ

PAGE TOP