Column住まいに必要なこと

ホーム > 施工事例 > 離れのある雨楽な家
case
14
S様邸
離れのある雨楽な家

木の風合いがとても心地よく、かねてからの理想だった防音室まで鈴木建築さんにお願いでき、家族も友人もみんなで楽しめるお家ができました!
和風情緒な外観が通りすがる人の目を引く外観が印象的なS様邸。
鎧張りの外観が重厚感をより一層形作っています。
ヨーロッパ製のトリプルガラス樹脂サッシが外観の印象を更に押し上げます。
和風で木の家がいいとの当初のご要望に加え、人の温度が感じられる手作りを何よりも切望されていたご主人様。
イメージが固まっていくうちに友人と語らう場所がどうしても欲しくなり、渡り廊下で繋がる離れを作りました。
ガレージスペースにもこだわり抜き、西側には格子を多用し、真夏の日射を抑えるとともに、柔らかい印象を形作っています。
床下エアコンを配備し、快適性をも実現した住まいです。