Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 住まいの明りについてLEDとは

住まいの明りについてLEDとは

こんにちは(・∀・)

 

以前コイズミ照明さんの「あかり教室」に参加させていただきました。

勉強させていただいたことですが、

例えば、LED球は一日6時間電気を付けたとして18年もつ計算に
なりますが、照明器具自体は約10年程で取り換え時期となるので、

例えばダウンライトなどの場合でも、電球が取り換えられるタイプよりも、

埋め込み型のタイプのほうがいいそうです。

取り換えの費用はかかってきますが、

ダウンライト自体のお値段は埋め込みタイプの方が平均して少しお安いようです。

 

また10年を過ぎた照明器具は目に見えないところで絶縁劣化などにより発煙事故につながる可能性

があるので一度きちんとした点検、交換を行ったほうが良いそうです^^

コイズミ照明さんにて写メを撮ってきました。
たくさんダウンライトがあり、位置の検討にすごく役立ちます。
このキッチンもお洒落に見えますが…
キッチンの照明ですが間接照明とすることでモダンで優しい印象の
空間となります。↓好みの問題でもありますね。
↓こちらは変わって面白いと思ったのですが、カーテンの間に照明を
入れてカーテンの柄を透けさせる方法です。
ただし、レースのカーテンや地が薄いもので色が白っぽいものでないと上手くいかないそうです。
照明はほんとに面白いですね。
個人的には本当は雰囲気のある白熱灯が好きだったりしますw
影の映り方が変化して温かみのある灯りが素敵です。
求:100w程の明るさクリアLED電球。
w(・∀・)
あと一週間でクリスマスイヴですね☆
そしてツリーよりケーキ派ですねw(考え方に脂肪がついてる…w)

関連記事一覧