Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 何かが家づくりのヒントへ繋がりますルーブル美術館見学編

何かが家づくりのヒントへ繋がりますルーブル美術館見学編

パリの続きです。

サモトラケのニケNIKEの銅像が飾られているダリュの階段。
ナポレオン3世が作り替えを命じた
壮大な階段。採光がトップライトから
取られているのも特徴的。
ナイキの名前がここから取られているのは有名。

ミロのビーナス
メロス島、ギリシャ語でミロで
発見された。
腕には穴が開いていてその昔は
金属の腕輪などが付けられていたそう。

モナリザ 遠すぎ…ですが
謎が多い作品です。
技法自体は輪郭をボヤかし極力自然に
見せる技法を巧みにダビンチは使っているそうです。

ナポレオンホール
ピラミッド内部

逆さピラミッド
ダビンチコードラストで出てきました。何かの力を結集させようとしたのか…

岩窟の聖母
こちらもダビンチコードに登場

寄木張り床
ダビンチコード登場

モザイクタイル

アポロンギャラリー
「太陽の運行」を主題とした
天井装飾が特徴的。

館内には可愛いアートなショップも。

関連記事一覧