Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 北名古屋市で家づくり雀口とは…

北名古屋市で家づくり雀口とは…

雀口(すずめぐち)という
瓦の隙間に施工致します。瓦と雨どいの間ですね。
字の通りで詳しく調べた訳ではないですが、すずめが巣を作る場所から
こう呼ばれるのだと思います。
漆喰で施工する場合もあります。実際に実家でもここに雀の一家が住んでいました。

この雀口ですが漆喰を塗っているとだいたい20年程で漆喰がはがれてくることがありあます。この雀口が壊れてしまうと、雀だけでなく蝙蝠や虫などが入り込んでしまう事もあるので家の修繕をお考えの方は業者に一度見てもらう事をおすすめします。一度以前ご相談があったのですがこの蝙蝠案外厄介でして退治する事ができないので家に侵入されないよ予防する事が大切になってきます。

 

 

そう言えばネットで見たのですが夏の雀と冬の雀のふっくらとしたフォルムが全然違って驚きました。冬の雀はほんとに冬毛に変わるのでまんまるとしていてかわいかったです。機会があれば皆さんも是非検索してみて下さいね。

癒される事間違いないですよ。

関連記事一覧