Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 基礎工事~土台伏せ工事_クリスマス用イルミ

基礎工事~土台伏せ工事_クリスマス用イルミ

こんにちは。
投稿が滞ってしまいました。
すみません。

さて今日は現在進行中のお住まいの
基礎工事~土台伏せ工事についてです。

 

べた基礎です。
床下エアコンを弊社では採用していますが、
円柱の基礎はやらなくてもエアコンの風を送り込めるように
なりました。立ち上がりを多く作れるので地中梁をやらなくても
可能になりました。

立ち上がり部分は幅を15センチを標準として採用していますので
鉄筋に対してのコンクリートのかぶり厚さを6センチ以上とることが
出来ています。法令上外部に面する部分は6センチ以上取ることが
定められておりますので立ち上がりの基礎幅を12センチだと
有効で6センチをとることができません。
なので弊社では15センチは分厚いですが標準としています。

意外とこうしたことが、コストを下げるために
やらないこともあったりするのでチェックは必要です。

 

こちらは土台と大引きと呼ばれる床の下地の部分です。
床を支える部分になります。
鋼製束と呼ばれる鉄の部分で床の調整を行います。
完成後もこの鋼製束を締め上げることで床の鳴りを
抑えたり、調整が可能になります。

 

こちらはお寺の階段に使うヒバと呼ばれる無垢板です。
こちらの無垢板厚み9.5センチあり、雨ざらしにしても
まったく問題ありません。ただ無垢板なのでかなりの
値が張ります。

 

こうした加工をノミで削り取って継ぎ手を作ります。

 

この辺りは大工の腕に依ります。
こうした手作業の加工をできる職人さんはとても
少なくなりました。

 

最後にですが、こちらは幻想的な写真ですが、
クリスマスに向けてイルミネーションを考えました。
よく壁にLEDのイルミネーションをぐるぐる巻きつけて
飾ったりしますが、コストもかかるし、手間も時間も
かかります。これは映写機に細工を施してあり、
家に照らすだけの簡単作業で幻想的な雰囲気を作ることが
できます。