Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 外壁塗り始めました!

外壁塗り始めました!

外断熱材に下地モルタルを
塗り始めました。
モルタルにファイバーメッシュ材を
一緒に塗り合わせていきます。
外壁のひび割れを防止します。
仕上げ工事までに凄く手間はかかりますが
外断熱材を張り付ける場合は、
サイディング工事を省けます。

しかし、本日は暑かったですね!

季節外れの熱中症にならないように
左官屋さんよろしくお願いします!

さて、先日東京に行って住宅の温熱環境の

権威であられる東京大学 建築学専攻の
前真之准教授の研修を受けてきました。

床下エアコンのことや、

エアコンの使い方について大変為になる
講義でした。
ざっくり言うと高気密高断熱住宅であれば
エアコン1台で過ごせる、
温度むらが各部屋で起こりにくく、
快適に過ごせるものでした。
特にエアコンを使用するときは
夏場、冬場共にぬる〜い温度かつ
風量を多めにして(個人差、空間差はありますが、
温度を上げたい場合、温度を下げたい場合は)
冷やしたり、あっためたりする方が、
部屋全体が冷えやすく、あったまり
やすいという理屈は勉強になりました。
ポイントは「ぬる〜い温度」で
つまりエアコンを付ける前の温度より
少し低いもしくは少し高い温度設定で
使い続けることです。
これは温度むら解消や省エネに効果が
あるということです。
こうした理論を唱える方はいないですし、
エアコンメーカーでさえわかって
いないのかわかっていてもこうした
使い方を唱えるとエアコンの数が
売れなくなるので唱えていません。
温熱環境は昔からとっつきにくく、
理解が全く進んでいないようで
学会内でも意見の食い違いが良く出る
代物であるのですが、前先生は実証実験で
示しているので信頼性がとても高いです。
こうした理論を実務に生かしていかないと
住みよい住環境を作れません。
こうした有益な情報を弊社も
実務経験をもとにまとめ、
発信していきます。