Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 日射の重要性

日射の重要性

こんばんは。

最近ブログ更新してなくて
すみません。大阪に出張したりしてました。
本日は日射のお話。
冬至も近くなって来ましたが、
冬場に日射を入れてあげるのは
とても重要です。昼間の日射熱を
室内に貯めておくと夜エアコン代を
節約出来るより何より、昼間に貯めた熱を
放熱により、夜に人はその恩恵を受けることが
出来るからです。
窓や断熱などの外皮性能をアップするのは
快適な住環境を作るのに今や必要不可欠に
なっていますが、それよりも重要と言っても
過言ではないのが、冬場にはどれだけの
日射を取得するか、夏場はどれだけ日射を
入れないかが最も重要になります。
日当たりが悪くなる所は吹き抜けや
高窓で日射をなるべく確保するのが
重要です。夏場は日射を遮る、庇やすだれ
バルコニーが必要になります。
吹き抜けがあると冬寒い、夏暑いという
既成概念は今や昔の話…
冬場は窓や外壁の断熱を強化すれば
天井が高くても寒くなりません。
また、吹き抜けがあると1Fで温めた空気を
2Fへもっていくことができるので効果的に
1,2Fを温めることができます。
反対に夏場は2Fのホールやロフトにエアコンを
取付け、シャワーのように吹き抜けを通して
冷気を下ろしてくると1,2F全体を冷やすことが
出来ます。
このときエアコンの使い方は「ぬる~い温度」で
使用することが重要になります。


この「ぬる~い温度」とは…

冬場であれば、20℃~22℃くらいの温度で使用する
 熱い温度をエアコンの吹き出し口から出すと
 すぐに上に温風が上昇してしまうので
 足元の方が温まらず、頭部付近~天井しか温まらず、
 不快に感じる。低い温度設定で部屋を温めると
 足元から順に温まってくるので不快に感じない。
 早く温めたい場合は温度を上げるのではなく、風量を強くする。
夏場であれば、28℃~29℃くらいの温度で使用する
 外気温より少し低い温度で使用することにより、
 冷気がすぐに下に溜まってしまうことを防ぐ。
(温度が下がれば下がるほど、重たくなり、床面をはいつくばります)
 イメージとしてはぬる~い温度で2Fの部屋をまんべんなく冷やしてから、
 冷気を順に下の方に送り、1Fを冷やしていく。
こうした賢いエアコンの使い方がエアコンの台数を減らし、
エアコンの節電にもつながり、ひいては部屋間の温度差を少なくすることが
できます。
あと夏場に気をつけたいのが西日の存在です。
兎に角、西日を入射させない工夫が
必要です。この西日対策は結構侮れません。
夏の西日は南から入射する日よりも強く、窓から
侵入してしまうと熱を室内にため込んでしまって
オーバーヒートしてしまうのです。夏の夜に暑くなって
寝苦しい状態になってしまうのはこの西日の影響も
少なからずあるでしょう。
快適な住環境を作るには設計段階の知恵と
住み始めてからの工夫が必要です。