Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 木と見分けがつかない!?

木と見分けがつかない!?

さて下記の写真で木はどちらでしょう?
金物が打ってあるのが桧の柱。
真ん中から右にかけてが樹脂のサッシです。
このサッシ木より木のような
風合いを出しており、
オーク調な雰囲気です。
見た目もかなりいいですが、
性能がかなりの優れものです。
1間半(約2700mm)ある引戸タイプ
階段部分の打ち倒しタイプ
完成されたときにどんな姿を
見せてくれるか楽しみです・・・
さて右側が日本最高峰性能サッシ
YKKap APW430
トリプルガラス樹脂サッシ断面です。

左側が

ヨーロッパ製トリプルガラス樹脂サッシ
断面です。
左側の方がハチの巣の様な構造に
なっているので夏は強い日差しの
熱を室内に伝えにくくので
室内を涼しく保てます。
反対に冬は
暖かい空気が外気の冷気によって
冷やされないので
部屋の温度を少ない消費電力で
保てます。
結露は皆無ですし、
足元が冷えませんし、
部屋毎の温度差が少ないです。
つまりは・・・
日々の生活を悩ます・・・
*結露が起きないのでカビが生えない
→鼻炎や喘息などのアレルギー反応を
起こさない
*冷気が伝わらないので
下に溜まり易い冷気で
足元が冷えないので
冷え症になりにくい
*窓から冷気が伝わらないので
部屋毎の温度差が少なく、
年間の死亡者数が17,000人
(年間交通事故死亡者数4,000人の約4倍の数値)の
ヒートショックと呼ばれる
心疾患を起こしにくい
*夏場、冬場共に外気の影響を
受けないので電力を無駄に消費せず、
省エネ効果が得られ、家計の
負担を抑えられる
これらの症状を緩和できるので
特に暑さ寒さの生理的な苦痛を
和らげる効果を発揮します。
何故ここまで窓にこだわるかと
言うと、夏は窓から71%熱が伝わります。
外壁は13%に過ぎません。
住宅各部位からの熱のやり取り
(※平成11年基準の高断熱状態での試算)
冬は窓から49%熱が奪われます。
外壁は19%に過ぎません。
なのでいくら断熱材を高性能にしても
換気扇を高性能にしても効果が
少ないのです。
快適な環境を作るには
サッシをまずは見直すことが
住まいづくりでは重要なのです。

関連記事一覧