Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 注文住宅の現場で…

注文住宅の現場で…

雨楽な家の現場ですが、
杉の天井板を張っています。
こちらはカフェいえの現場ですが、
外壁の外断熱材にひび割れ防止の
ファイバーメッシュを伏せ込み、
下地のモルタルを塗り込んでいます。
内部ですが、床を張っています。

ホワイトオークという床材で

(雨楽な家はヒノキの床材)
堅めの無垢材です。
硬い床材は耐久性が高くペットなどのいるご家庭に向いています。やわからいものは踏み心地が良くて家事などの立ち仕事でも疲れにくいという特徴があります。
空間の印象は床と壁でものすごく変わってしまうのでフローリング選びは重要なのですが、選ぶ基準が分かりにくいものです。
価格だけで選んでしまうのはなく、せっかく無垢材にするなら、色々な木材や組み合わせの模様のあるものなど様々なのでじっくりとお気に入りのフローリングを探していただきたいです。
だんだんと形になりつつあります。
出来上がりが楽しみですね!