Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 深い軒

深い軒

こんにちは。

深い軒は夏のあつーーい日射を遮り、

太陽高度の低い冬季は
ほっとするような暖かな日射を取り込みます。
これらは土地の場所や季節ごとの太陽の位置などを参考にしてどれだけ軒の出の長さにするかを算出します。
軒の出はとても意味ある重要な
ものです。
他にも軒は雨の日の雨よけや窓からの振り込みを防ぐ意味もあります。
そして木造住宅においては家の耐久性性能をキープする役割において必要不可欠です。
木は生きているので水に長時間浸かっていたり濡れてると傷んできます。
水分を吸って柔らかくなってしまうんですね。
また水分を吸ってそれが乾燥すると反りや狂いが生じやすくなります。
なのでん軒の出は非常にじゅうようになり、にきがある場合と無い場合では耐久年数には大きな差がでてくるといわれています。

石膏ボード張り工事も間も無く始まります。

こらからどんな内装のお部屋になっていくのかとても楽しみですね。

関連記事一覧