Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 家ブログ > 雨楽な家

雨楽な家

雨楽な家は構造が
とても美しいです。

柱は桧です。

柱は4寸角つまり12センチ角で

太く、無垢材つまり、一本の木から
削り出した芯材です。
上小節というなるべく節の少ない桧を
使用しています。
梁材つまり柱の上に横にのびる木は
高さ30センチのものを使用して
います。他と比べても類を見ないくらい
肉厚な構造体なのです。
だから頑強と言えます。
専門的にいえば座屈しにくい、
つまり折れにくいから地震から
命を危険から守るのです。

雨楽な家は日本古来の伝統工法を

受け継いでいて、真壁つまり、
柱が見える工法故、柱等の構造体は

化粧材つまり綺麗なものを使用します。

この工法により、住んでからは

より木に囲まれて過ごすことに
なるので癒される訳です。

軒裏と呼ばれる外側の屋根の裏は
杉板を張っています。

形が家らしくなりました。
青空に切りずま屋根がよく映えます。

ロフト空間が容易にとれます。
収納スペースとしてだったり、お子様の秘密基地として最適ですねですね。

株式会社鈴木建築

関連記事一覧