Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 太陽光発電から光熱費について考える

太陽光発電から光熱費について考える

 

エネルギー資源の乏しい島国の日本。

エネルギー資源を海外に多く頼っているため、年間多くの資源を買い、円の海外流出が問題視されています。

 

これからの暮らしを安定して暮らすためには、エネルギー問題は避けて通れない部分です。

 

自然の恵みを利用しながらの資源開発は、さらに重要視されるでしょう。

 

今回は家庭のエネルギーの発電の中では身近になりつつある「太陽光発電」にスポットをあてます。

 

設置費用が高い、売電価格が下がっているなどの意見も聞かれますが、太陽光発電システムの特徴を把握し導入を検討する人は年々増加の傾向です。

 

近年は一般家庭でも普及が進みつつある太陽光発電ですが、まだ詳しく分からないという方も多いと思います。

 

今回は太陽光発電をいろいろな視点から解説します。

 

 

再生エネルギーとは

 

 

日常よく使用するエネルギー資源といったら、ガソリンなどの石油や発電のための燃料など多岐にわたります。

 

その中でも近年注目されているエネルギーが「再生可能エネルギー」です。

 

再生可能エネルギーとは、太陽光発電・風力発電・バイオマス・水力発電・地熱発電・太陽熱利用・雪氷熱利用・温度差熱利用・地中熱利用・その他の再生可能エネルギーなどが該当します。

 

その中でも私たちの生活の中で一番身近に感じられるのが、太陽光発電ではないでしょうか。

 

太陽光発電は「日本を代表する再生可能エネルギー」とされており、日々開発を進めています。

 

太陽光発電導入の実績を見ても、中国・ドイツとともに世界をリードしています。

 

世界をリードしている太陽光発電の特長としては、

 

1.エネルギー源は太陽光のため、設置できる範囲も制限がかかりづらく、導入しやすいシステム

 

2.家庭用などの場合、屋根や壁などのスペースを有効活用できることにより、用地を占有しない

 

上のように家庭でも導入しやすいのが、太陽光発電の魅力のひとつです。

 

出典:経済産業省 資源エネルギー庁|太陽光発電

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/solar/index.html

 

 

太陽光発電とは

 

 

地球にあるエネルギー資源には限りがあります。

 

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを活用しながら発電します。

 

太陽の光は枯渇する恐れがないため、再生可能エネルギーの中でも主軸の1つです。

 

太陽光発電の仕組みは、シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用しています。

 

自然の恵みである太陽の光エネルギーを有効活用し、太陽電池(半導体素子)により電気に変換する発電方法がとられています。

 

太陽光発電はソーラーパネルを使用して、太陽の恵みを集めます。

 

太陽電池をつなげ、大きなパネルにしたものがソーラーパネルです。

 

ソーラーパネルの場合、一般的な大きさのパネルは「モジュール(ソーラーパネル)」です。

 

「セル(最小の単位)」を板状につなげ、「モジュール」の大きさのパネルを活用します。

 

屋根や壁などにモジュール単位のパネルを載せて、太陽光の力を集めます。

 

発電できる出力を計算しながら、載せる枚数などを検討します。

 

 

太陽光発電のメリットとデメリット

 

 

自然の力を活用し、発電する太陽光発電。地球にも家族にも優しい太陽光発電ですが、メリットもあればデメリットも存在します。

 

導入を検討する場合、メリットはもちろんですがデメリットをしっかりと把握することは大切です。

 

自分たちのライフスタイルや、暮らし続ける風土にも適しているのかなど、しっかりと判断しましょう。

 

<太陽光発電のメリット>

 

● 電気代が安くなるので、家計にも優しい

 

住宅の屋根などに太陽光発電を行った場合、当然ながら自宅で使用することができます。

 

電気会社から電気を購入するのが普通ですが、自宅の電気の使用量を発電で補うことができます。

 

また電気会社によっては、深夜電力が安くなるプランもあります。

 

太陽光での発電と、お得なプランを活用することで、家計に優しく生活できるのは魅力的な部分です。

 

● 発電した電気を買い取ってもらえる

 

太陽光発電で発生した電力は余剰電力を買い取ってもらうことも可能です。

 

また 固定買い取り期間制度※1 というものがあり、国が定める期間ですから安心して太陽光発電をスタートすることが可能です。

 

● 停電や災害などの不測の事態にも対応できる

 

太陽光発電は電気を買い取ってもらうだけでなく、いざというときには電気を利用できるというメリットがあります。

 

もしもの時がないことが一番ですが、ライフラインは人間が生活していく中では欠かせないものです。

 

<太陽光発電のデメリット>

 

● 設備の初期投資の金額がかかる

 

太陽光発電を行うにあたり、やはり重要となるのが設備の費用の問題です。

 

以前よりは価格も下がってはいますが、やはり初期投資の部分では大きな負担があります。

 

電気を作り活用することで、長期的な考えでいなければいけません。

 

● 今後の動向がどう動くか分からない

 

太陽光発電の場合、余剰電力を買い取ってもらうにしても先の動向が不透明な部分を不安視している方も多いのが現状です。

 

最初の10年は固定買い取り期間制度などで安定はしていますが、その後どの位の売電価格になるのかは、誰にも分かりません。

現状、固定買い取り制度が2019年の11月より順次満了していきますが、その電力を8円程度/KWで買い取る動きになりつつあります。

 

● メンテナンス費用の発生

 

自分たちが暮らす家でも定期的なメンテナンスが必要なように、太陽光発電でもメンテナンスは必要です。

 

清掃やパワーコンディショナの交換など、定期的に費用が発生します。

 

そして設置する場所によっても、メンテナンスのしやすさも違ってきます。

 

※1 FIT(固定価格買取制度)とは何?

 

FIT(固定価格買取制度)とは、太陽光発電で作られた電力の余剰電力を決められた価格で買い取ることを電力会社に義務づけた制度です。

 

期間は10年と決められており、この制度を活用することにより一般家庭でも安心して導入することができます。

 

 

光熱費と太陽光発電

 

 

太陽光発電をするのであれば、住宅との組み合わせにより光熱費を削減することも可能です。

 

電気はソーラーパネルに蓄積しておくことは不可能です。

 

住宅の家電をオール電化にすることで、電気料金が割高になりやすい昼間の電力を太陽光発電でまかないます。

 

そして電気料金が比較的安くなる夜間を電気給湯器「エコキュート」を活用するなどの工夫でオール電化住宅と太陽光発電の相乗効果を高めます。

 

発電する容量にもよりますが、毎月の光熱費を削減することにもつながります。

 

そして太陽光発電の魅力は、発電する楽しさから生活を見直すきっかけが生まれることです。

 

何気なく使っている電力ですが、資源には限りがあります。

 

家族みんなで電気の大切さや、電気に対しての節電意識も高まります。

 

 

あなたの不安に答えるのも、工務店の役割です

 

 

当然のことながら、家づくりにかけられるご予算には限りがあります。

 

本来、家づくりは希望にあふれた楽しいものです。

 

太陽光発電をはじめとして、こんな家にしたいなど、あなたの声をぜひ聞かせてください。

 

鈴木建築は「ご予算内で最高の家」をモットーにお客様の夢や希望を実現していきます。

 

 

鈴木建築は三代にわたり北名古屋に住んでいる地元密着の工務店です。

 

お客様の声に寄り添った家づくりを鈴木建築は心がけています。

 

北名古屋地区での家づくりの相談、住宅に関する不安や心配ことなど、お気軽に鈴木建築にご相談ください。

 

 

お客さまの困りごとにいつでも対応できる!「お家の町医者」を目指し、一棟一棟心を込めて安心をお届けします。

 

地元で頑張り続けて46年! これからも皆様の住宅計画に役立つお手伝いをさせていただき、安心・信頼の技術とサービスをご提供させていただきます。

 

 

株式会社 鈴木建築 URL:https://suzuki-kenchiku.co.jp/

 

住所:愛知県北名古屋市片場大石9-1 TEL: 0568-23-8766

 

———————————————————————————————————

宿るべき家が、家族とここにある・・・

鈴木建築は皆様の家づくりのお手伝いをさせていただき約50年。

100年、200年もつような究極の家を作ること。

時代に合った家、生活スタイルに合った家づくりを

今後何十年もこの鈴木建築で創り上げていこうと想っています。

 

新築住宅のことから各種リフォームのことまで

何でもお気軽にご相談ください。

地元を愛し、地元を良く知る私達だからこそできる提案があります。

あなたの想いをカタチにするお手伝いをしています。

———————————————————————————————————