Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 鈴木建築の家 > 色が家にもたらす効果とは

色が家にもたらす効果とは

 

外観・内観デザイン、間取り、広さなど、そこで暮らすための快適性を高めるポイントはいろいろありますが、今回は色が家にもたらす効果を考えてみましょう。

 

同じような建物の場合、色の違いによって印象は大きく変化します。

 

マイホームは長い時間、家族と暮らす空間です。

 

デザインの部分はもちろんですが、長い時間いても過ごしやすい空間にしておきたいものです。

 

住宅はひとつの要素が良くても、いい家になる訳ではありません。

 

例えば周りの人が憧れるようなデザインであっても、外壁や屋根の色などがうまくかみ合っていない場合、良さは半減します。

 

せっかくマイホームを手に入れたのに「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔することのないように、色の持つ効果を最大限活用しましょう。

 

 

色が持つ力とは

 

 

色が持つ力を存分に発揮したい場合での大切なポイントは「家全体をイメージしながら作り上げていくこと」です。

 

この世の中にあるすべてのものは、色を持っています。

 

マイホームなどを考え出した時、雑誌やカタログなどを見る方も多いのではないでしょうか。

 

カタログの製品などを実際に目の前にした時、ちょっとイメージしていたものと違うと感じてしまう場合もあります。

 

それはカタログが悪い訳ではなく、目に見えているも色は「自然の光が反射した色」だからこそ違って見えるのです。

 

同じような色合いでも天気によっても、時間によっても、違った顔を見せてくれるのです。

 

その違いは悪い部分だけでなく、照明の光や自然の光などにより風合いが変化するということです。

 

その違いを把握して、素材選びに生かしていくという工夫が重要なのです。

 

 

家のパーツによっても違ってくる色選び

 

 

家はいろいろなパーツが組み合わさって形になっています。

 

大きく分ければ外観と内観です。

 

外観と内観では色を選ぶにしても、気をつけるポイントも変化してきます。

 

どのようなことに気をつけたらいいのか、考えてみましょう。

 

 

<外装の色選びのポイント>

 

 

外観の場合、まずはどのような家にしたいのかというイメージを固めることが大切です。

 

全体からイメージをまとめてみましょう。

 

そのイメージを膨らませながら、実際の住まいになる部材の仕様やカラーを選択していきます。

 

外観の場合、色遣いと共に使用する部材によってもイメージが大きく変わってきます。

 

例えば金属系のガルバリウム鋼板などを使用した場合、色合いによっても雰囲気は変化しますが素材の質感から「シャープなイメージ」に仕上がる傾向があります。

 

色・イメージ・部材の質感などの特徴を活かしていくことが大切です。

 

 

<内装の色選びのポイント>

 

 

外装と違い内装は多くの時間をそこで過ごします。

 

こちらも全体のイメージをまずまとめ、そのイメージに寄り添ったイメージに寄り添いながらコーディネートを進めましょう。

 

床材ひとつとっても多くの種類があり、それを灯す明かりによっても雰囲気は違ってきます。

 

間取りの中で空間ごとのイメージに合わせていくことが大切です。

 

 

コーディネートに補色を取り入れる

 

内装のカラーコーディネートを行うときのポイントは「補色」を利用することです。

 

補色とは隣り合う色が引き立つ色の配置を表すもので、

 

例えば、赤の補色は緑(この色の配色はクリスマスカラーですね)

 

黄色の補色は紫(これはハロウィーンですね)

 

ブルーの補色はオレンジ(プロミスのイメージカラーですね)

 

紺色の補色は濃いくすんだ黄色(実は弊社のHPのカラーリングはそれを意識しています)

 

海外の国旗の配色はこの補色を利用していますね!

 

こうした予備知識があるとソファの色に合うクッションは何色にしたら映えるかなど

 

コーディネートの参考になります。CMをよーく見ていただくと、女優の服装の色と後ろの背景の色合いが結構この補色を利用しているんですね。

 

背景に補色をもってくると女優が引き立つんですね。

 

色って結構面白いんです!

 

パリの街並みやパリの子供部屋なんかはとってもかわいい住まいが多いです。

 

これはそもそもメーカーも市民もその効果をよくわかっていて

 

配色に気を遣っているためなんですね。(色の教育を受けているようです)

 

日本では色の教育は受けた記憶が残念ながらありません(;´Д`)

 

私は色の配置に迷ったら、携帯のアプリで「Color Wheel」(カラーホイール)というアプリを参考にしてますね!

 

 

 

色の違いとイメージ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

色遣いはその色が持つ特徴を最大限に活かすことによって、大きな効果がもたらされます。

 

色が持つ特徴や意味合いを知り・生かすことで、あなたの生活空間にも違いが出てきます。

 

いろいろな色があふれている現代。

 

色の特徴をおさえて、あなたの家づくりに生かしていきましょう。

 

 

赤色の特徴とは

 

赤色が持つイメージとしては、情熱的・生命力・情熱的など、一般的にも活動的なイメージが強く感じられる色になります。

 

元気を出したい時や場所などには向いている色になります。

 

ダイニングなどでは赤色を取り入れることで、食欲増進などの効果も期待できます。

 

一方赤色は落ち着きという部分ではマイナスに働きます。

 

リビングなどのくつろぎの空間には、控えた方がいいかもしれません。

 

 

黄色の特徴とは

 

黄色が持つイメージとしては、幸福や向上心など、色の中でも明るく感じさせてくれるカラーのひとつです。

 

黄色を基調としたカラーを配色するだけでも、元気や前向きなどを感じさせてくれる色なのです。

 

全体に使うのではなく、アクセントカラーとして使用するのがおすすめです。

 

 

緑色の特徴とは

 

緑色が持つイメージとしては、人間の視覚に対して安らぎを与えたり、集中力を高めたりする効果が高い色です。

 

緑自体が暖色と寒色の中間色なので、他の色とも合わせやすいのが特徴です。

 

自然の色である緑色。その色を生かしリラックスできる空間も作り出すことができます。

 

 

橙色(オレンジ)の特徴とは

 

橙色の持つイメージとしては、色の中でも温かみを感じさせてくれる暖色カラーのひとつです。

 

色を見ているだけで温かく感じさせてくれ、安心感も与えてくれます。

 

この特徴をうまく活用することで、親しみやすい空間を作ることができます。

 

そしてオレンジ系は食欲増進効果が高いので、ダイニングやキッチンにおすすめです。

 

 

青色の特徴とは

 

青色が持つイメージとしては、清潔感やさわやかさと、クールなイメージ合わせ持ったカラーです。

 

青色の効果のひとつとして、さわやかな涼しさも感じさせます。

 

またブルー系は心を落ち着かせる効果もあるので、寝室などの落ち着きのほしい部屋にはおすすめのカラーです。

 

 

白色の特徴とは

 

白色の持つイメージはやはり清潔感です。

 

黒などの濃い色と組み合わせることによりより一層引き立てられます。

 

ただし汚れが付きやすいのが、最大の弱点です。

 

 

黒色の特徴とは

 

白色と正反対のカラーの黒色ですが、配色の割合によっては暗めな印象になりがちです。

 

上手使うことで高級感やスタイリッシュな一面が引き立ちます。

 

黒の最大の特徴は、明るい色を引き立てる効果があることです。

 

 

灰色の特徴とは

 

灰色の持つイメージとしては、ハッキリと主張をしてくるカラーではありませんがバランス感覚に優れたカラーです。

 

汚れが目立ちにくく飽きがこないのが特徴です。

 

 

このようにカラーによっても、感じ方やイメージなどが変化します。

 

日頃たくさんの色の中で生活していますが、色の持つ力は人の生活に大きく関係しています。

 

その中でも押さえておきたいのが「色の配色」です。

 

組み合わせる色により、その色が持ち合わせている魅力を高めることもでき、一方では半減してしまう場合もあります。

 

洋服などと違い住宅は簡単に買い換えられません。

 

後悔のない家づくりには、色選びが重要なのです。

 

 

外観で人気の色はどんな色?

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

たくさんのカラーの魅力を解説してきましたが、外壁は家にとって多くに人に目に入る部分です。

 

ここでは外壁のカラーで人気のある色をご紹介します。

 

色によっても住宅の雰囲気や大きさなどの印象も変わります。

 

あなたはどんな色が好みですか。

 

 

ベージュ系

 

やはりいつの時代でも人気の高い色がこのベージュ系です。

 

同じベージュでも色合いによって変化し、住宅全体に落ち着いた印象を与えてくれます。

 

一番無難な色だけれども、魅力があるからこそ根強い人気のカラーです。

 

シンプルだけど他の色や景観とも合わせやすいカラーです。

 

 

グレー系

 

何より汚れが目立ちにくいのが人気の高いポイントです。

 

白と黒の中間色のグレーは色合いによってはクールな印象を与えます。

 

他の色とも組み合わせやすく、オリジナリティを演出することも可能です。

 

 

ホワイト系

 

清潔感があり、視覚効果で住宅を大きく見せる効果もあるホワイト系は人気の高いカラーです。

 

シンプルな色だけあって、周りの景観やどんなデザインの建物にもうまく調和のとれる色です。

 

ただし汚れなどが目立ちやすいので、しっかりと日頃のメンテナンスが必要となります。

 

 

ブラック系

 

黒には元々、クールや高級感、重厚感などのイメージを持っています。

 

その特徴をうまく生かし切ることでスタイリッシュな仕上がりになります。

 

また使用する素材によってもより一層イメージが変化します。

 

ホワイトと反対色のブラックですが、実は砂などの汚れは結構目立ちやすいカラーリングなのです。

 

 

ご紹介した人気色も入っていますが、白・黒・青・ベージュ・ブラウン・グレーは紫外線などの影響を受けにくく変色(色あせ)しにくい色になります。

 

その部分も人気の高い理由のひとつとも言えるでしょう。

 

外観の色を決めるときのポイントとして3色程度までの色でまとめるのがポイントです。

 

ファッションも同じことが言えますが、色がありすぎるのも良くないです。

 

 

あなたに合った色選びを 私達と一緒に

 

 

快適な家を作ること。

 

家族が笑顔で、健康に過ごせる家を作ること。

 

これを現実にすることは、言葉にするよりも難しいことです。

 

当然のことながら、家づくりにかけられるご予算には限りがあります。

 

本来、家づくりは希望にあふれた楽しいものです。

 

自分たちだけで悩まずに、こんな家にしたいなど私達と一緒に考えてみませんか。

 

鈴木建築は「ご予算内で最高の家」をモットーにお客様の夢や希望を実現していきます。

 

 

鈴木建築は三代にわたり北名古屋に住んでいる地元密着の工務店です。

お客様の声に寄り添った家づくりを鈴木建築は心がけています。

北名古屋地区での家づくりの相談、住宅に関する不安や心配ことなど、お気軽に鈴木建築にご相談ください。

 

 

お客さまの困りごとにいつでも対応できる!「お家の町医者」を目指し、一棟一棟心を込めて安心をお届けします。

地元で頑張り続けて46年! これからも皆様の住宅計画に役立つお手伝いをさせていただき、安心・信頼の技術とサービスをご提供させていただきます。

 

 

株式会社 鈴木建築 URL:https://suzuki-kenchiku.co.jp/

 

住所:愛知県北名古屋市片場大石9-1 TEL: 0568-23-8766

 

———————————————————————————————————

宿るべき家が、家族とここにある・・・

鈴木建築は皆様の家づくりのお手伝いをさせていただき約50年。

100年、200年もつような究極の家を作ること。

時代に合った家、生活スタイルに合った家づくりを

今後何十年もこの鈴木建築で創り上げていこうと想っています。

 

新築住宅のことから各種リフォームのことまで

何でもお気軽にご相談ください。

地元を愛し、地元を良く知る私達だからこそできる提案があります。

あなたの想いをカタチにするお手伝いをしています。

———————————————————————————————————