Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 鈴木建築の家 > 新型コロナウイルス感染症と働き方改革

新型コロナウイルス感染症と働き方改革

 

 

2020年4月7日

 

新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受け、さらなる拡大防止のために法律に基づく「緊急事態宣言」が安倍総理大臣の元、決定されました。

 

今回の宣言では東京など7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に効力は5月6日までとなっています。

 

また愛知県、埼玉県、京都府、岐阜市など、緊急事態宣言への追加地域の申請や独自の対策など、現状は日々変化しています。

 

4月7日現在、実際に宣言されたのは感染の広がりの多い7都道府県となっています。

 

しかし新型コロナウイルス感染症の脅威は現在でも日本のみならず世界中を脅かし続けています。

 

今回は含まれなかった地域でも、いつ感染が広がるか。

 

広がる可能性が含んでいるのかは、分かりません。

 

その中で私たちの生活に密接している「働き方」にも変化が表れています。

 

家族の基盤となる住居を建てる。

 

守る。

 

維持するために、働くことは大変重要な位置を占めています。

 

今回は新型コロナウイルス感染症で急速に加速する、新たな働き方と家ができることを考えてみましょう。

 

北名古屋にある工務店「鈴木建築」が発信します。

 

 

愛知県の今の現状は?

 

新たな働き方を考える前に、現在の愛知県の状況を分析してみましょう。

 

愛知県では3月には、スポーツクラブの利用者や濃厚接触の疑いのある方を含め36名。

 

名古屋市南東部の福祉施設の利用者や利用者と濃厚接触の疑いのある方の45名。

 

4月には剣道の「特別訓練員」である警察官15名の集団感染と言われる「クラスター」も発生しています。

 

愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイトでは、下のような状況であると報告されています。

 

【愛知県の感染症発生状況】

 

 

 

 

出典:愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト|愛知県 https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/

 

東京など首都圏に比べると人数は少ない傾向ではありますが、まだまだ油断は許されない現状です。

 

私たちひとりひとりの行動と予防が、新型コロナウイルス感染症を広めないためには重要です。

 

家族内でも感染の報告もされています。しっかりと手洗いと換気を行うことが家族の命を守ります。

 

今からでもできる 新型コロナウイルス感染症対策をはじめよう

 

今からでもできる 新型コロナウイルス感染症対策をはじめよう

 

 

 

新型コロナウイルスを予防しながら働くこと

 

 

新型コロナウイルス感染症が発症し、私たちの働き方にも変化が出てきました。

 

今回緊急事態宣言が発表され、新型コロナウイルス感染症を予防しながら働くスタイルとして「テレワーク」が注目されています。

 

自宅で行えるテレワークとは、どのような働き方なのか。解説していきましょう。

 

 

テレワークとは

 

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間の制約を受けずに柔軟に働くことができる形態のことを指します。

 

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」というふたつの意味合わせた造語です。

 

テレワークを行っている人を「テレワーカー」と呼び、国土交通省の定義では「1週間に8時間以上、職場以外でICTを使って仕事をする人」を指しています。

 

今までは会社に通い仕事を行うことが一般的なスタイルでしたが、新たな働くスタイルが誕生しています。

 

テレワークには下のようなパターンに分けることができます。

 

 

外勤型:オフィス以外の場所で仕事をする方のテレワーク(在宅勤務)

 

内勤型:決められた場所で仕事するテレワーク

 

通勤困難型:育児や介護、障害など、日常の通勤が困難の方が在宅勤務を中心として仕事をするテレワーク

 

テレワークは運用の仕方によっては、さまざまな効果を生み出します。

 

ウイルスの感染を予防する、通勤時の感染拡大を防止する、できる限り人との接触を防止するなど、緊急事態にも対応できるスタイルです。

 

 

働く環境をどう作るかが課題

 

 

学校の一斉休校や緊急事態宣言など、今までで経験したことのない場面に遭遇し、働き続けることのありがたさと難しさを実感しています。

 

実際にテレワークを自宅で行える職種の方も、日頃と違う環境ではなかなか集中できない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

いつもは天使の子どもたちも、ワイワイ・ガヤガヤと集中できない要因につながっていると言う声も。

 

またお子さんの年齢によっても、対応も手のかかり方も違います。

 

実際に仕事を自宅で行うときに大切になることは、「時間と場所の確保」です。

 

今回のような緊急事態の場合には、保育園や幼稚園、学校もお休み。

 

さらに外出規制などと「子どもがいる上で、どう仕事を円滑に行えるのか」が大きなポイントを占めています。

 

子どもはこちらが言葉にしなくても、雰囲気や感覚で伝わってしまうことも多くあります。

 

特に大人の心に不安やイライラなどが大きくなると、子どもにも連鎖してしまいます。

 

 

通常であれば長時間続ける内容も、細かくクールごとに区切り「長時間子供を独りぼっちにさせない工夫」をする。

 

日常よりもスキンシップを多くし、不安や負担を解消し安心感を与える。

 

夫婦間や家族間で協力しながら、集中できる時間を確保する。

 

周りに合わせなければいけない業務とそうでない業務を仕分けし、子どもが寝ている時間などを活用する。

 

など自分たちのスタイルに合うやり方を発見しましょう。

 

 

 

今だけではなくこれからも変わる働き方

 

 

今回の新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、急にテレワークを導入した企業も多いと思います。

 

労働力となる私たちの工夫や努力はもちろんですが、企業側にも「働きやすい環境づくりを推進する」ことが求められています。

 

テレワークには緊急事態に対応できる労働力を確保する側面もありますが、視野を広げればもっとたくさんの可能性も眠っています。

 

 

出典:テレワークの推進|総務省 https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/

 

■社会

 

・地域活性化の推進

 

・環境負荷の軽減

 

・少子高齢化対策の推進

 

■就業者

 

・仕事と育児、介護などを両立する働き方

 

・通勤時間の軽減

 

・ワークライフバランスの実現

 

■企業

 

・優秀な人材の確保生産性の向上

 

・コスト削減

 

など、うまく活用することで多方向のメリットが見込まれます。

 

企業側としては、今回の緊急事態の対応だけではなく労働力の確保が難しい時代において、新たな可能性への環境整備が求められます。

 

女性に対しての現場復帰しやすい環境の整備や、子育てをしながらでも快適に働ける環境の整備。

 

通勤が不可能で働けない方などの新たな人材の獲得。

 

テレワーク業務に対する勤務する時間への対応力やコミュニケーションを円滑に行う環境づくりなど、企業側にしか出来ないことも多くあります。

 

 

今回のテレワークを教訓に その先に生かす

 

 

働く側としても、考えておきたいことがあります。

 

それは働く環境を家づくりの中に生かすことです。

 

これからはこういったテレワークなど働くスタイルの変化。

 

また高齢化社会などの背景から「長く働き続ける可能性」「働き続けることで得られる満足感」など、今までとは違った価値観が生まれる可能性もあります。

 

今回子どものいる中でテレワークを実施した方の中でやはり多い意見は、「集中できる環境がない」と言う部分です。

 

今は情報化社会です。テレワークなどでは情報の漏洩にも気をつけなくてはいけません。

 

大切な書類は家族であっても目につかないように配慮する。

 

家で仕事を行う際には、電話やテレビ会議など、他の人と関わらなくてなはならない場合でも対応できる環境を整える必要性もあります。

 

実際に経験したからこそ、こういう部分が足りない。こういう部分が欲しいなど、家づくりに求めることも変わってくるのです。

 

しっかりとした書斎などの個室を家の中に備える。

 

昔ながらの離れなど、集中できる環境づくりを考える。

 

そういった環境を整えることで「可能性から実現へ」変化することも可能です。

 

この先に今回と同じような緊急事態が発生する可能性も否めません。

 

家づくりにも今回の経験を生かし、新たな家づくりの可能性を考えてみましょう。

 

鈴木建築が力になります。

 

 

 

北名古屋での快適な暮らし 私たちと作ってみませんか

 

 

快適な家を作ること。

 

家族が笑顔で、健康に過ごせる家を作ること。

 

これを現実にすることは、言葉にするよりも難しいことです。

 

当然のことながら、家づくりにかけられるご予算には限りがあります。

 

本来、家づくりは希望にあふれた楽しいものです。

 

鈴木建築は安心して暮らせる住宅の建築はもちろんですが、家づくりの不安の解消、土地の相談、住宅ローンの相談など、家づくりのすべてをサポートしています。

 

また、保険の見直しなどお金に関するファイナンシャルプランを専門家からのアドバイスを元に住宅ローンの借入金額を決めるアドバイスなどを無償で行います。

 

ご要望の方は仰ってください。

 

専門家との時間を作らせていただきます。

 

自分たちだけで悩まずに、こんな家にしたいなど私たちと一緒に考えてみませんか。

 

 

鈴木建築は三代にわたり北名古屋に住んでいる地元密着の工務店です。

 

お客様の声に寄り添った家づくりを鈴木建築は心がけています。

 

北名古屋地区での家づくりの相談、住宅に関する不安や心配ことなど、お気軽に鈴木建築にご相談ください。

 

 

お客さまの困りごとにいつでも対応できる!「お家の町医者」を目指し、一棟一棟心を込めて安心をお届けします。

 

地元で頑張り続けて50年!

 

これからも皆様の住宅計画に役立つお手伝いをさせていただき、安心・信頼の技術とサービスをご提供させていただきます。

 

住宅のことは鈴木建築になんでもお任せください!

株式会社 鈴木建築 URL:https://suzuki-kenchiku.co.jp/

住所:愛知県北名古屋市片場大石9-1  電話:0568-23-8766

 

———————————————————————————————————

 

宿るべき 家が家族と ここにある・・・

鈴木建築は皆様の家づくりのお手伝いをさせていただき約50年。

100年、200年もつような究極の家を作ること。

時代に合った家、生活スタイルに合った家づくりを

今後何十年もこの鈴木建築で創り上げていこうと想っています。

新築住宅のことから各種リフォームのことまで

何でもお気軽にご相談ください。

地元を愛し、地元を良く知る私たちだからこそできる提案があります。

あなたの想いをカタチにするお手伝いをしています。

———————————————————————————————————

関連記事一覧