ブログ

2023.09.29

庭石も考えて、家づくりをしませんか?

素材 スタッフブログ 環境問題への取り組み 北名古屋市のモデルハウス

ロマリアストーン

ロマリアストーン 御影延石

家と石をセットで!

北名古屋市にあります鈴木建築のモデルハウス、こちらの庭で使った石をご紹介します!

積みあがった石、こちらは凝灰石の「ロマリアストーン」になります。
凝灰岩は日本だと大谷石が有名で、それと同じ種類になります。
ロマリアストーンはイタリア産になります。
多孔質でコケが生えやすく、植物との相性は抜群にいいです!
柔らかいので加工がしやすい石です。

そしてそして、凝灰岩(ぎょうかいがん)て何?って話ですが……
凝灰岩というのは、火山から噴出された火山灰が、地上や水中に堆積してできた岩石のこと。
これはざっくりとした説明です。
触り心地は、ザラザラでぼこぼこした感じです。
苔が生えると一層雰囲気がでて庭と同化していきます。

次に石敷きのアプローチに使用した石は「御影石」になります。
御影石とは、花崗岩のことです。
神戸市御影(みかげ)が産地として有名だったことから、こう呼ばれます。
堅硬で圧縮強さや耐久性が大きく、美しい外観に特徴があり、建築物の構造・装飾に使用されることが多いです。

そしてそして、花崗岩って何?って話ですが……
花崗岩というのは、マグマが冷えて固まってできた火成岩。
その火成岩の中でも、地表近くではなく、地下深くでゆっくりと冷え固まった深成岩に分類されます。

石の世界は、奥が深いですね。
こういった建築で見る石や、パワーストーンと呼ばれブレスレットとして身に付けられていたりと。

私は石に詳しくないんですが、それでも見れば美しいな。と思います。
自然界の素材を使った家は、見た目に馴染みがよく、そして柔らかい雰囲気をしています。
これから新築でお考えの方は、自宅にどんな石を使うか。
是非、いろいろ調べてみてはいかがでしょうか?

家づくり、まず先に家本体が気になるところですが、鈴木建築の家づくりは初めから「家と庭」をセットで考えてご提案しています。
そうすると、家と庭の馴染みがよく、別々で考えられた家とは全く異なる仕上がりになります。

少しでも気になられましたら、気軽にお問合せ下さい!!

 

関連記事

ページトップ