Blog家ブログ

ホーム > ブログ > 残念ながら、高気密高断熱の家は乾燥します…

残念ながら、高気密高断熱の家は乾燥します…

こんばんは。

最近は風が強く寒波の影響でしょうか。
雪もちらほら降ったりしてますが、
大雪になることは今のところないですね。
去年は1月下旬に確か最低気温がマイナス3℃に
なったのに比べるとまだ寒くはないのでしょうか。
寒いですけど…

 

 

さて今回は冬のもう一つの悩みである
乾燥について話したいと思います。

 

洗濯物は室内干しすれば乾きやすいので
乾燥はいいですよね。乾燥した室内に
室内干しをしたり、我が家ではお風呂の蒸気を
部屋に充満させるために、ドアをしばらく
開けておきます。暫くすると、湿度も5%くらい
上昇しています。

 

これは我が家で実証済ですので
一度試してみる価値ありだと思います。

 

3時間くらい下手をすると朝まで
お風呂の扉を開けっぱなしにします。

 

また、やかんでお湯を沸かすときは換気扇を
使用せずに、蒸気を充満させた方がいいと思います。

 

 

冬の場合、室温20℃、湿度50%が理想的です。
高気密高断熱仕様の住まいで、エアコンで暖房して
いるご家庭では何もしないと湿度が15%~30%くらいに
なったりします。

 

 

 

石油ファンヒーターやガスファンヒーターを
使用すると水分を空気中に出すので湿度が
上がる傾向にありますが、高気密高断熱の住まいは
絶対に石油ファンヒーターやガスファンヒーターを
使用してはいけません。なぜなら気密性が良すぎるので
室内の酸素を燃やした時に出る一酸化炭素が
部屋に充満して、中毒症状を起こしてしまうからです。

 

ファンヒーターは一気に高い温風が出るので
重宝しますが、室内で火を使用するのは
高気密高断熱住宅においては
コンロ以外ではやめた方がいいです。

 

 

最近の家はアパートなどでは割と
気密性は高くなっています。
そうした住まいでファンヒーターや
ストーブを使用するのは結構自殺行為だったりします。
使用する場合は換気を十分に行ってください。

 

かくゆう私も昔は使ったりしていましたが、
頭が痛くなったりした記憶があります。
あれは既に一種の中毒症状を起こしていたのでしょう。

 

ファンヒーターは室内の空気中の酸素で
燃焼してますからね。

ストーブも同じです。

 

ただ煙突のついている薪ストーブや
ペレットストーブは排気を外に出しているので
大丈夫です。

 

排気を室内にまき散らすのは
高気密高断熱の住まいではタブーなのです。

なので必然的に高気密高断熱の住まいは
エアコンが暖房の主役になります。

 

ただエアコンを使用するとどうしても
乾燥するのです。エアコンの室外機近くの
細い管から水がチョロチョロ出てくるのを
皆さんもご存知かと思います。

 

あれは室内の水分をエアコンがとっているため、
室内全体の水分量が下がり、湿度が下がるのです。

 

そうなんです、残念ながら高気密高断熱の住まいは
暖かいんですが、エアコンを使用するために
乾燥します。

 

 

当たり前ですが人の快適性は温度が適温であれば快適
なのではなく、湿度も一定量確保していないと
快適性を担保できません。

 

 

温度20℃、湿度50%が理想ですが、
結構湿度を50%まで上げることは冬場では
結構難しいです。

 

 

弊社ではそうしたことを防ぐために、
加湿器をご入居者の方にはご用意していただいています。

ちっちゃな加湿器ではあまり効果はありません。
大型の気化式加湿器を入れていただくと
一気に10%程度湿度が上がります。

 

アマゾンでも購入いただけます。
パナソニック製のFE-KXF15 がいいと思います。

結構大きいので気を付けてください。
幅45センチ×奥行き35センチ×高さ40センチあります。
置く場所は考える必要あります。
皆がいるLDKにひとつあれば十分です。
1Fはこれひとつあれば十分です。

 

なの我が家やショールームでは45~50%くらいを
保っております。

 

乾燥を解消する第1種全熱交換器も世の中には
出始めました。顕熱と潜熱の両方を回収して
新鮮な空気に載せることができる換気装置が
あります。

 

 

 

顕熱とは温度のことです。
潜熱とは蒸気のことです。

 

 

 

 

この換気装置は乾燥しがちな室内の
空気にお風呂等で回収した蒸気を
新鮮な空気に含ませ、
全体的に家の空気の湿度を上げるシロモノです。

 

 

 

 

なんと!そんなものがあるんです。
換気が盛んな北欧の製品なんですが、
(換気分野は日本は遅れています)
全館空調と組み合わせることも出来ちゃうのですから…

 

 

 

いやー私も今家建てるなら入れたいですねえ。

 

 

この換気装置はお風呂を使用すると
家全体の湿度が40%~50%くらいまで
もっていけるようです。

 

 

弊社ではあったかい住まいにするために
断熱材やサッシにこだわって、UA値はG2レベルの
0.46を標準としていますが、次にやってくるのは
必ず乾燥感なんです。

 

 

 

ですから、こうした換気装置もこれからは
視野に入れるか、加湿器を大型に必ずしてください。

 

温度を上げるのは比較的簡単ですが、
湿度を上げるのは難しいと思ってください。